飾り線上

甘いものはつい食べてしまいがちで

飾り線下
甘いものはつい食べてしまいがちですが、ちょっと考えてください。砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。

体内で糖分がタンパク質と反応し、老化が加速してしまう糖化生成物に変化するのです。お肌のコラーゲンが糖と結合することで、いわゆる黄ぐすみになったり、シミの悪化や、シワ、たるみの原因になったりする事態になりかねません。日焼け止めは毎日欠かさず塗っているのになんとなくシミが増えていく、なんて経験ありませんか?シミのない顔を手に入れたいと言う方、シミ対策として薬による治療も効果的なのです。一口にシミといっても、種類は様々です。
原因が紫外線ならば小さく平坦なシミができます。


女性ホルモン(月経周期によって、分泌量が変化します。基礎体温を測ることで、その周期を知ることができるでしょう)もシミの原因のひとつで、左右の頬に大聞く薄く現れるのが特徴です。

というりゆうで、どのような種類のシミなのかを理解して、正しい薬による治療を行ってください。

肌のハリが失われ、シミも増えたしシワも深まるし、などと鏡を見ながら考え込むようにしたら、毎日食べるご飯について変えてみるのがいいかもしれません。


ご飯の内容が変わると、肌の調子もだいぶ違ってくることがわかるでしょう。こうしてシワ、シミその他の肌トラブルも徐々に改善に向かうでしょう。私立ちの身体は毎日のご飯によって保たれていて、意外と短いサイクルで全身の細胞が入れ替わっています。



自分の食べる物を自分でしっかりコントロールするこの方法は、思い立った時に初められるアンチエイジングだと言っても良いでしょう。その効果は、肌にはっきりと表れることでしょう。



太ると老けるなあと思ったので、雑誌で見た断食に挑戦しました。断舎利ではなく、断食(ファスティング)の方ですよ。


相性が良かったのか短期間にお腹周りが随分スッキリしました。

しかし、持と持とアンチエイジングのつもりで初めて、睡眠時間や栄養もしっかり確保していたのにもか変らず、首や顔の肌がくすんで、夕方にはシワが目たつことも(!)。
せっかく痩せたのに、残念です。どこが悪かっ立とかは思い浮かびませんが、とりあえず普段は酵素を飲むくらいにとどめ、スキンケアを集中的にするつもりでいます。


またダイエットできるようになると良いのですが。夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから時節の変わり目だと思っています。

こういった時期、肌の乾燥にはとても気を付けています。
うっかりすると目の周りなどは細かいシワだらけになってしまっているし、荒れて赤くなったりすることもあります。

こういう時期ですから、大切な肌のためにスキンケアはおもったより気をつかって丁寧に行っていますが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それにさらにオイルの使用も初めてみました。オイルも調べるとなかなか奥が深くて、追及すると楽しそうですが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。
お肌についてシミで悩まされている方は多いです。シミが出来てしまう主な原因は、日焼け等の刺激により、お肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなのです。

肌の赤みは色素沈着へつながるので、ニキビができたことによる赤みもシミの原因の一つです。

UV対策をこまめに行ったり、肌のSOSに応えるスキンケアをすることでも、シミ対策につながります。


外からのケアだけでなく、内側から食生活やサプリメントなどでビタミンCを摂って肌の再生を促すこともシミ対策になります。

シミを消して肌を明るく見せる方法はたくさんありますが、私が教えたいのは高濃度プラセンタ配合の美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)液を肌に染み込ませることです。お肌の奥の奥まで染み込んでいくのがはっきりとわかります。毎日の使用を重ねるうちに目立っていたシミも消えてきたため、元通りの白い肌になるまで使い続けようと思っています。知っての通り敏感肌は、大変傷つきやすいので、洗顔方法を誤ると、肌を痛める可能性があります。メイクを落とすとき、力をいれて顔を洗ってしまいがちですが、敏感肌の人の場合、顔をごしごし洗うと、特に肌のトラブルを起こす可能性があるのです。

適切な洗顔方法でデリケートなお肌と付き合っていきましょう。
くすんだ肌が気になってき立ときにはスキンケアの第一歩である洗顔を見直すことが必要かもしれないです。

透明感のなさの原因は「角栓」。



毛穴にたまっていませんか?睡眠不足や食生活などが乱れると肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなり、古い角質は排出されずにたまってしまいます。
普段の洗顔のポイントとしてあげられるのは、ぬるま湯を使って、保湿洗顔料で、泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。



ピーリング石鹸も週一回ほど取り入れるとくすみを除去するにはとても効果があるでしょう。


飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、美肌効果も期待できます。酒粕パックは簡単にできて、くすみを軽減すると言われています。



酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて水を少しずつ入れて全体をドロドロにし、ペーストになるまでよく混ぜます。

小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。ただし、アルコールに弱い方には勧められません。




Copyright (C) 2014 アンチエイジング主婦のブログ日記 All Rights Reserved.